JAWS DAYS 2019 にサポーターとして参加してきました

こんにちは。freee の SRE チームの山本です。 先日開催された JAWS DAYS 2019 で、3 セッション 4 名の登壇とブースの出展をさせていただきました! また、弊社は過去に iOSDC2018 等でブースの出展をしております。

developers.freee.co.jp

セッション

Container/k8s で 2 名(2 セッション)、Supporter Session で 2 名(1 セッション)が登壇しました。 どのセッションも立ち見続出で、大変賑わっていました! AWS での Kubernetes 運用の関心の高さをひしひしと感じました。

ここからは各登壇者に一言ずついただきたいと思います。

EC2からKubernetesへの移行をセキュリティ/モニタリングから考える(杉浦英史/河村篤志)

こんにちは、CSIRT の専属エンジニアとして、色々首を突っ込んでいる杉浦英史と申します。 今回は、お客様の重要な情報を扱っている freee が、セキュリティとスタートアップとしての進化の二兎を追うために、Kubernetes 移行の時にどう考えて作り込んでいったのかを紹介しました。

f:id:yamamo429:20190306184748j:plain

Cyber Kill Chain の考え方で多層防御を考えると、EC2 instance のシステムから Kubernetes に移行する時に考慮しなければならない点が、整理できるのではないかと思っています。 freee の現時点の考えを積極的にオープンにしていますので、詳しくはスライドを参照していただけると嬉しいです。


こんにちは、SRE の河村です。

システムの健全性を保ち改善していくためにも監視は必要であり、その重要性は古今東西、システムの形態問わず普遍的なものです。しかし近年のトレンドであるマイクロサービス化においては、監視対象が多様化・増大化しており、効率的かつ正しい監視基盤の構築は一層重要度を高めています。全てのケースにマッチする最適解はなく、それぞれの要件にあった技術選定が大切なのは当然ですが、本セッションでは freee での事例として、Elastic Stack を活用した Kubernetes 向けの監視基盤について紹介しました。

f:id:yamamo429:20190306190944j:plain

詳しくはスライドを参照いただき、よろしければご意見・フィードバックいただけると幸いです。

なお、本発表は昨年末のAdvent Calendarの拡張版となっています。そちらも興味あれば是非御覧ください。 developers.freee.co.jp

Kubernetes を使ってエンジニア組織の生産性を上げよう(坂井学 @manabusakai

こんにちは、SRE チームのプレイングマネージャーをやっている坂井 (@manabusakai) です。

最初の紹介にもあったとおり、今年の JAWS DAYS には freee から 4 名が登壇しました。全員が Kubernetes をテーマにしていたので、自分はあえて技術的な話ではなくて、なぜ Kubernetes を導入しようとしているのか、Kubernetes に何を期待しているのか、といった話を生産性という切り口から紹介しました。

f:id:yamamo429:20190306191515j:plain

またセッションの後半では、freee が今まさに取り組んでいるマルチテナントクラスタからシングルテナントクラスタへの移行についてもご紹介しました。 Kubernetes を実際に 1 年ほど運用して見えてきた課題を踏まえて、EKS へ移行するのに合わせてシングルテナント化を進めています。 Kubernetes を採用している他社の事例を見ても前例がないので、移行してみた結果はまたどこかで発表したいと思います。

スライドも公開していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Kubernetes on AWS/EKSベストプラクティス(九岡佑介 @mumoshu

こんにちは!コンテナヒーローです。

これまで繰り返しいろいろな形で Kubernetes のベストプラクティスをお話してきました。今回は、昨年末満を持して Tokyo リージョンに EKS が上陸したことに起因するアップデートも含めて、2019 年 2 月のいま、AWS で Kubernetes を採用するのはどんな理由からか?採用するとしたら運用する際にどんなことに気をつければいいのか?といったことをお話させていただきました。

f:id:yamamo429:20190306192159j:plain

マイクロサービスアーキテクチャを採用している freee のエンジニアによって最適なプラットフォームとはなにか? freee の規模でそんな「理想のプラットフォーム」をデザインするとしたら、それはどんなものか?そんなことを考えながら、Kubernetes on AWS を運用する中で得た知見を全力であえ共しています。ぜひスライドを読んでみてください!

ブースの出展

個人事業主の方、副業なさっている方、勤務先でご利用いただいている方など、実際に使っていただいているユーザーさんとたくさんお会いすることができました。 私は先月freeeに join したばっかりなのですが、こんなに早くたくさんのユーザーさんとお会いすることができて感動しました!

f:id:yamamo429:20190306193846j:plain

ところで、みなさま確定申告のシーズンですが無事に完了しましたか? ということで、確定申告ガイドをお配りしたのですが、あれよあれよという間になくなってしまいました。 会計 freee の導入を検討くださっている方、まだなかなか使いこなせていない方の手助けにきっとなってくれていると思います! 疑問等あればぜひ会計 freee のサポートへ御連絡くださいね。

また、今回もノベルティの一つとして、freee のカンパニーロゴ入りのキートップを用意していたのですがこちらも大変注目を浴びていました! 私は自作キーボードの存在を知ってからまだ日が浅いのですが、エンジニアの心をくすぐるアイテムだとつくづく感じました。 今後もブース出展などでプレゼントすると思いますので、またの機会をぜひお楽しみに!

まとめ

f:id:yamamo429:20190306194539j:plain

私自身はJAWS DAYS への参加は初めてだったのですが、盛り上がりが想像以上で圧倒されてしまいました。 入社早々にたくさんの freee ユーザーの皆様にもお会いできた貴重な場でした。今後もよりユーザーさんにとって価値あるサービスをお届けできるよう精進していこうと思います。

最後に

freee では SRE エンジニアを募集しています。AWS や Kubernetes に興味のある方という方、私たちと一緒に働きませんか?みなさまの御応募お待ちしています。

jobs.freee.co.jp