freeeアクセシビリティー・ガイドライン Ver. 202006.0を公開しました

こんにちは、freeeのアクセシビリティーおじさんというよりガイドラインおじさんになりつつある中根です。 相変わらずfreeeアクセシビリティー・ガイドラインと戯れる日々を過ごしています。

今回は、6月18日にリリースしたfreeeアクセシビリティー・ガイドライン Ver. 202006.0の更新内容を紹介します。

# CDNのキャッシュ更新のタイミングの関係で、ページによって旧版が表示されるかもしれませんが、その場合は時間をおいてアクセスしてみてください。

a11y-guidelines.freee.co.jp

今回は主に各ガイドラインの構成変更

これまでは、各ガイドラインの優先度と本文のリストを作って、アコーディオンでその他の情報を隠す形にしていました。 しかし、複数のガイドラインを1つのulに入れる構造はどうにも扱いづらいということもあり、またGitHub Issuesでもご指摘いただいたように、表示上も問題があるということで、この構造を見直しました。

今回の変更では、まず各ガイドラインに短い見出しを付けました。 こうすることで、個別のガイドラインを参照する場合もやりやすくなるという利点もありますし、スクリーン・リーダーで読んで行くのも楽になったと思います。

そして、ガイドライン本文とチェック内容を記述し、その他の項目をアコーディオンに入れました。 ガイドラインを使い慣れた人の場合、ガイドライン本文とチェック内容だけを確認するという使い方になるのではないかという想定に基づく変更です。

また、チェック内容については、チェック内容とチェック対象う対にして表記するようにしました。 これは、現在進めているチェック内容の改善へ向けた検討の中で、チェック対象によってチェック内容が異なる場合も少なからずありそうだという話になったことを受けてのことです。

チェック内容の変更については、次回以降のリリースで反映する予定です。

その他の変更

前述の通り、現在チェック内容の見直しを進めていますが、同時にガイドラインそのものについても見直しをしています。 これまでガイドライン策定に直接的に関わっていなかった社内の人たちからの意見も反映して、より分かりやすいものになるように改善を進めています。

現時点では、マークアップ全般ページ全体について、検討結果を反映しています。 全体的に表現を見直し、加筆していますので確認してみてください。

また、このエントリーで触れていない変更については、リリース・ノートで確認してみてください。

なお、Ver. 202005.0を紹介したエントリーで予告した、「表記揺れの解消」ですが、実はVer. 202005.1というリリースで対応済みです。

ご意見などお待ちしています

今回の変更についても、それ以外の部分についても、ご意見やお気付きの点など、GitHubリポジトリーのIssuesやPull Requestでお知らせください。