GYOMU Hackers Guildが一周年を迎えました

どうも、こんにちは。freeeでGYOMUハックという社内の業務改善系エンジニアをしているMiryこと廣野です。

去年の4月にGYOMU Hackers Guild(以降GHG)という社内のビジネスチーム(マーケ、セールスなどノンエンジニアの皆様)の業務をエンジニアリングで改善・ハックする分野で活躍するエンジニアのコミュニティを立ち上げました。 経緯など、詳しいことは下記のスライドにまとめてみましたのでぜひ御覧ください。

GYOMU Hackers Guild

GHGの目的として、

  • 業務改善系の社内エンジニアと交流すること
  • 意見交換会をすることによってKnowledgeを得ること
  • 新たな刺激を得ること
  • 会社を超えて気軽に相談する関係が築けること

ということを掲げています。

GYOMU Hackers Night

GHGのイベントであるGYOMU Hackers Nightは、前述の目的があるので、コミュニケーションに重きをおいたとってもゆるっとしたイベントとなっています。 毎回異なるテーマを掲げているのですが、最初にテーマに沿ったLTを行っていただきます。そこはよくある勉強会などのイベントと同じ感じだと思います。

前回のGYOMU Hackers Nightから、LTのあとに「お悩み相談室」というコーナーを作りました。 イベントには様々な分野のGYOMUハッカーが来ているわけで、中には悩みを抱えている人もいるわけです。そんな貴重な場を活用できないかと思い、テーマにそっていてもそっていなくてもいいので、抱えているお悩みをその場で共有してみませんか? という取り組みを始めてみました。

最初はさすがに大勢の前で悩みを共有することも、回答することも抵抗があるのかなと思ったのですが、意外とみなさん悩みの共有、それに対するノウハウの共有をどんどんしてくださる、とても良い場となりました。

そして最後にテーブルトークという、近くにいるみなさんと一緒に話をする場を設けています。 これがまたかなり盛り上がって、色んな話がされるのでとても刺激を受ける場となります。時間が足りないという方もいらっしゃったり、やはりこういうコミュニケーションの場は貴重なんだと実感している次第です。

過去のイベントの記事なども貼ってみます(`δωδ´) developers.freee.co.jp

GYOMU Hackers Night vol.7 のようす

4/19(木)にfreee株式会社にてGYOMU Hackers Night vol.7を開催しました。 gyomu-hackers-guild.connpass.com

ちょうど一周年ということでお祝いのケーキなども準備してみました(´`

ケーキの写真

テーマとコミュニティの説明

最初に、初参加の方も多かったのでfreeeの説明と、GHGの説明を行いました。Twitterでも、わかる、あるある、といった声が上がっていて、やはりみなさん同じような悩みを抱えているんだなということを改めて実感しました。

そして今回のテーマは「業務改善を行うための戦術・戦略」という、すごく魅力的なテーマでした。

GHGの説明の様子

LT

LTの様子

某建築設計事務所 フカサワタイガさん

フカサワタイガさん

トップダウンとボトムアップ、両方が大切だというお話でした。

弊社の残業がこんなに減るわけがない

Sonicgardenの髙木咲希さん

髙木咲希さん

業務改善を現場主体で行っていくというお話でした。

note.mu

お悩み相談室

今回お悩み相談室は、会議室の予約についてのお悩みでした。

相談者は金融機関システムを担当されている会社の方。

「会議室の予約を2ヶ月前に行わないといけないルールになっているんだけれども、最新のシステム管理ではみなさんどうされているのか」というお悩み。

お悩み相談室の様子

  • うちではGoogleカレンダーで会議室を予約できるようにしている。空いていたら入れて良い。定期的に棚卸しがある。
  • ミーティングは個室である必要はないので、オープンスペースにホワイトボードとモニターを置いていつでも誰でも使えるスペースがある

などという話が出てきていました。

  • そもそもそのようなルールになっているのはなぜか、課題を分析してみないと解決案はわからない。人数に対して会議室が少ない、そもそも無駄な会議が多いのかもしれない。

良いですね、本質的な課題を深掘りする。GYOMUハックの基本です。 そして、そこからさらに、

  • そもそも会議室という場所は必要ない、オンライン会議でことたりるのでは

という提案も。枠にとらわれない感じがとてもいいですね。

個人的一押しの回答はこちらです。

  • 奇遇なことに弊社は貸会議室を運営していますので、ご相談下さい

需要と供給がマッチしました。笑

テーブルトーク

お名刺交換や自己紹介から始まり、各テーブルかなり色んな話で盛り上がっていました。最初は戸惑いつつも、時間が経つにつれてどんどん盛り上がっていって、終いには時間が足りない!となるのがこのテーブルトーク。

テーブルトークの様子

ビジネス職の方で、リクエストを上げているんだけれども、エンジニアに優先度がわかってもらえない、エンジニアに対応してもらえないという方。 その方はどうにか自分で頑張っちゃうといった瞬間、みなさんが、それをするとエンジニアに放っておかれちゃうから気をつけて!と口々に。笑。 優先度はやはり、お金や工数、時間の単位で伝えるとわかってもらいやすいから頑張ってね、という感じのお話が進んでいました。

ノンエンジニアもエンジニアも同じ場で、お互いの目線からお話ができるのがとても良いですね。

GHGのこれから

発足から一年が経ちましたが、Twitterなどでもイベントに参加したいけれど遠くて参加できないという声も上がったりするようになりました。 今後の展望ですが、遠方で参加できない方もリモートで参加できるような仕組みができたらな、などと考えております。 運営に興味のある方など、ぜひお声掛けください!

↓GHGの今後の情報はこちらから↓

GYOMU Hackers Guild Twitter GYOMU Hackers Guild facebook グループ

try! Swift にブース出展してきた

こんにちは。freee でモバイルエンジニアをしている ikke です。 先月の DroidKaigi に続き、try! Swift Tokyo 2018 にも弊社モバイルエンジニア数名で参加してきました。 try! Swift は Apple の作ったプログラミング言語 Swift に関する国際的なカンファレンスです。過去2回の東京開催でも freee はシルバースポンサーになっていましたが、3 回目の東京開催となる try! Swift Tokyo 2018 では、freee はゴールドスポンサーとして協賛させていただき、ブース出展してきました。

イベント会場の雰囲気

1000名近い人が来ていたでしょうか。イベント期間中はかなり熱気がありました。 スポンサーブースは1つのホールに集まっており、下記の写真のような雰囲気になっています。

try!Swift スポンサーブースの様子

各社色々と工夫されたノベルティを配っていたり、ライブコーディングやライブコードレビュー等の催しをしている企業もあり参考になります。 セッションのある 3/1(木), 3/2(金) とも、開会は 09:45 ですが、その一時間くらい前から開場しており、朝食が提供されていました。

朝食として提供されていたパイまんじゅう

意外とこの早い時間から来場している方もいて、和やかなムードで来場者の方と話せるので良かったです。

セッションが行われるのはスポンサーホールの隣にあるホールです。 800人位は入る大きなホールですが、基本ずっと来場者の方々で埋まっていて、時には立ち見も出ていたように思います。 セッションは同時通訳されているので、レシーバーを通して日本語・英語どちらでも聴くことができます。

スピーカーホールの様子

スピーカーホールの一角に畳スペースがあり、ここでもセッションを聴くことができます。ここも結構常に人で埋まっている感じでした。

畳スペースの様子

先月の DroidKaigi でも出張バリスタをされていた鎌倉のアルファベッティカフェの方が、 try! Swift にも出張してくれています。 かなり美味しいので長蛇の列ができていました。

アルファベッティカフェさんのラテアート

お昼ころにランチが配られます。来場者の方々が自然とグループになってこういうスタイルでいただきます。

床に輪になって座りこでお弁当を食べる参加者の方々

新作ノベルティ...?

さて、それでは freee のブース紹介をさせてください。

freeeブースの写真

こんな感じで、いつも通りにセッティングしました。freee ではモバイルアプリにも非常に力を入れており、最近アプリの紹介動画も制作したので、それを持ち込んだディスプレイで放映していました。 ちなみに最近西日本で freee のモバイルアプリの CM を放映していたりもします。

ところで、freee がイベントスポンサーになると毎回用意している freee 水やボールペンなどのノベルティの中に気になるものが...

freeeオリジナルキーキャップと、それを装着したHelixキーボード

な、な、なんと、今回は freee のロゴがプリントされたオリジナルのキーキャップを作り、無料配布しました。

会場に来ていたみなさんはかなり興味を持ってくださったようで、イベント期間中沢山の方が freee のブースまで話しに来てくれました。ただ、キーキャップ以上に、弊社のメンバーに借りてきた自作キーボードにみなさん食いついている様子でしたが笑
何割かの方にはキーボードを作ってる会社だと認識されていそうです。違うんです。一応、クラウド会計・人事労務ソフト等を作っている会社です。

ちなみにこのキーボードは自作キーボードキットの Helix というもので、弊 blog の突撃!隣のキーボードという記事でも紹介されているので、ご興味ある方はこちらも見てみてください。

多様性のある来場者の方々

...話を戻して、みなさん少なくともキーボードには興味を持ってくださり、ブースは大盛況でした。

キーボードに興味津々の皆さん

ブースに遊びに来てくれた方々と、キーボードの話や、普段はどんな会社でどんな仕事しているのか・お互いの会社ではどんなチームで、どういう感じでアプリを作っているか、等々色々とお話しできてとても有意義でした。来場者の中にはフリーランスや副業をしている freee ユーザーの方もいらして、サービスに対してのフィードバックをいただくこともできました。
少し話が逸れますが、私含め freee には副業をしているメンバーも多く、よく自社のサービスをドッグフーディングしています。テックカンファレンスに参加するとフリーランス等で freee を使ってくださっている方と良くお会いするので、サービスに対して客観的な意見をいただく場としてもいい機会になります。

また、try! Swift は国際的なカンファレンスなので、運営者・来場者ともに外国人の割合がかなり多く(全体の2 ~ 3割はいたでしょうか)、freee のブースにも沢山の外国人の方が遊びに来てくれました。話せた方だけでもアメリカ、イギリス、中国、インドネシア、ノルウェーと、様々な国のエンジニアが try! Swift 参加のために来日されているようでした。ブースに来てくれた外国人の中には Facebook や Spotify の iOS エンジニアも居て、自分たちが日常的に使っている海外サービスを開発しているチームの規模等、中の話も聞く事ができたのはとても新鮮でした。みなさん freee のキーキャップも持っていってくれてなんだか感慨深かったです。

セッション

どのセッションも素晴らしかったです。初日の午前だけでも、Swift の明文化されていない挙動を(時に AST を見つつ)探るセッションや、Swift の中間言語である SIL の紹介、CocoaPods のコントリビュータによる Clang モジュールについてのセッションなどかなり濃い印象でした。他にも実際の業務ですぐに取り入れられそうなプラクティスや、AR等近年注目度の高い技術要素に関する内容など多種多様なセッションがありました。各セッションのスライド等は @ozwio さんが Qiita にまとめてくださっています。

個人的には、私もよく利用している Proxy ソフトの Charles を開発した @avon によるセッションで、 iOS 向けの Charles を開発しているという内容の発表を聞いて非常に興奮しました。Charles は iOS アプリの通信をデバッグしたり、Web API のリバースエンジニアリングをするのに非常に重宝していますが、iOS アプリの通信を傍受するためのプロキシ設定が微妙に面倒だったので、いつか iOS 対応しないかな、と思っていたのでした。既に Apple に申請しているとのことだったので、近いうちにリリースされるかもしれませんね。楽しみです。

セッション後のスピーカー Q&A でいい感じに手作り感のあるステッカーを貰いました。

セッション後にいただいたステッカー

まとめ

try! Swift Tokyo 2018 にスポンサーとして参加しましたが、非常に楽しくて充実した時間を過ごすことができました。特に今回ブースを出せたことはかなり良くて、正直普通に参加するだけだとこれだけ多くの初対面の方と話すのは難しいですが、ブースを出すことで国籍も会社も異なる多くの方と交流することができました。 この貴重な機会を作ってくださった try! Swift 運営の皆さん・スピーカーの皆さんと、スポンサーとして協賛してくれた弊社には感謝しかありません。是非また来年も参加したいと思います。

会場にあったLGTMパネル

また、今回大好評だったオリジナルキーキャップのアイディアは、MISOCA さんに多大に影響されています。この場でお礼をお伝えできればと思います。(会場では MISOCA のエンジニアの方ともお話しできました)

tech.misoca.jp

おなじみの採用情報

freee ではモバイルエンジニアを募集中です。 今回に限らず、弊社ではエンジニア向けカンファレンスに精力的にスポンサーとして参加しており、内容にもよりますが、大抵のエンジニア向けイベントには業務の一環として、業務時間にチケット会社負担で参加することができます。 ご興味がある方は是非一度弊社に遊びにいらしてください!

jobs.freee.co.jp

「インクルーシブHTML+CSS&JavaScript」の電子版が発売されます

こんにちは、エンジニアの id:ymrl です。

このたび、弊社でUXデザインを手がける @magi1125 こと伊原力也が監訳した「インクルーシブHTML+CSS & JavaScript」の電子版が Amazon Kindle ストアで発売されます。発売日は3月5日です。

この本ではアクセシビリティに配慮したWebについて、前著の「コーディングWebアクセシビリティ」の内容から踏みこんで、より実践的に実装パターンなどを紹介しています。また、日本語版の発行にあたって非常に多くの訳注が追加され、わかりやすい内容となっています。

この本の輪読会を開いています

輪読会の様子

freeeの社内でも週1回、デザイナー・エンジニアの有志で集まってこの本の輪読会を行なっています。毎回この本を少しずつ読みながら、自社や他社のWebページでの実装状況を確認したり、よりアクセシビリティに配慮した良い実装について議論したりしています。社内にいる先天性色覚異常の当事者も参加していることもあって、特に配色に関する話題では大きく盛り上がります。

freee のアクセシビリティへの取りくみについては、以下の記事・資料もご覧ください。

developers.freee.co.jp

freeeのアクセシビリティ、いまとこれからInside Frontend #2での伊原の登壇資料)

iOS エンジニアがスポンサーとして DroidKaigi に参加して学んだこと

こんにちは、freee でモバイルエンジニアをしている f:id:ryo_abe:20180213185833p:plain RyoAbe です。
私は昨年の中頃に freee に入社し、ほとんどが iOS アプリ開発ではありますが、先日開催された DroidKaigi 2018 に弊社モバイルチーム( Android / iOS )全員で参加しました。

iOS エンジニアの私でも多くの学びがあったのでそれらについて書こうと思います。

モバイルエンジニア総出でスポンサー参加

f:id:ryo_abe:20180213185151j:plain

freee は今回はじめて DroidKaigi にスポンサー参加させていただきました。
(昨年開催された iOSDC JAPAN 2017RubyKaigi 2017 、来月開催される try! Swift にも freee はスポンサーとして参加してます)

来場者もブースに立つスタッフも目線は同じ

f:id:ryo_abe:20180214144257p:plain

今までの社会人経験でスポンサーの一員としてブースに立つのは初めてで、上の写真のように緊張して変な顔になってしまっていました。

「freee をたくさん宣伝したほうがいいのかな…?」
「片っ端から声をかけてステッカーを配った方がいいのかな…?」

なんてことをブースの前で身構えながら初めは考えていましたが、そんな必要はなく自然と近くを通った来場者の方に、

「こんにちは!」
「freee はご存知ですか?」
「普段どういったことされているんですか?」
「会社はどちらにあるんですか?」

などといった他愛もない話をしているだけで、

「今度合同で勉強会やりましょうよ」
「会社に遊びに行きますね!」

と盛り上がり、そこから横のつながりが出来るんだなという学びがありました。

私はスポンサーとしてブースに立つということは、自社のことを積極的に宣伝しなければならないものだと思っていましたが、自然な会話の中で少しでも会社のことを認識してもらえばいいんだなということに気付かされました。

iOS エンジニアでもたくさんの学びがあった

ブースにいることも多々あり、あまりセッションは聞けなかったのですが、Android アプリの開発にはまだ疎い私でも聞いてみて面白かったセッションを紹介したいと思います。

Kotlinアンチパターン

www.slideshare.net

Kotlin を触れるのもしばらくぶりではありましたが、「API から Domain 、UI へと Nullable のデータの引き渡し」や、「通常代入、lazy、custom getter の使い分け」など Swift に置き換えても参考になるようなアンチパターンとその解決策の紹介があり勉強になりました。

Android Studio30分集中超絶技巧100選

Android Studio30分集中超絶技巧100選メモ DroidKaigi 2018 #DroidKaigi #DroidKaigi_room3 · GitHub

さすが IntelliJ IDEA ベースの IDE だなといった感じで、Xcode にはない痒いところに手が届く便利なショートカットがたくさん紹介されました。
地味に便利そうだなと思ったのは、

  • エディタ最大化 Shift + Cmd + F12(Shift + Ctrl + F12)、デフォルトレイアウトを復帰 Shift + F12
  • 空気を読む Option + Enter(Alt + Enter)
  • 1つ(2つ)前のファイル Ctrl + Tab(+ Tab)(Ctrl + Tab(+ Tab))
  • あらゆるポップアップはインクリメンタルサーチ

など。(Xcode にもあったらいいのにな…ないよね?)

また、Git 操作系のショートカットやコードレビューを Android Studio で操作するためのプラグインである Upsource についての紹介もありました。
それらを使いこなしてターミナルや SourceTree を使用せずに IDE のみで Git 周りもすべて操作出来るようになればアプリケーションの切り替えなどする必要がなくなって良さそうですね。

すばらしきGraphQLのSEKAIへようこそ

speakerdeck.com

発表内容は、GraphQL の基礎的な情報、Android からの利用方法、他の Web API との比較などについてでした。
Web API もこれまでは REST 一択でしたが、ここ数年で gRPC や 本セッションの GraphQL などが増え選択肢が広がったんだなと感じました。
業務でも API を書くことが稀にあるのですが、GraphQL はリソース取得系が柔軟であるため複雑な条件式を必要とするリソースに対して、局所的に導入してみても効果がありそうです。

Androidではじめるデザインスプリント

speakerdeck.com

デザインスプリントとは、Google が提唱するベンチャー向けプロダクトデザインのためのフレームワークで、「理解」、「発散」、「決定」、「試作」、「検証」のプロセスを個人作業と共同作業を繰り返し5日間で行う。

新サービスを考える際や既存サービスのデザイン上の問題を解決するために使用されるとのこと。

弊社では Design Doc(Google が提唱していた設計ドキュメント)をカスタマイズして、開発に取り掛かる前に目的や背景や目標、やること/やらないことなどを整理するために書いてます。
このドキュメントは基本的には個々人で書くのですが、デザインスプリントはそれ以前のもう少し漠然とした問題や課題に対して、色んな関係者を巻き込みながら、状況の理解〜検証を行いたい場合に利用すると良いのかもしれません。

そんなわけで Android アプリ作りたくなってきた

私は今回初めて DroidKaigi に参加しましたが、モバイルやプロダクト開発全般に対してのセッションも多く iOS エンジニアでもとても勉強になりました。
Android 開発そのものの話や Kotlin の話もたくさん聞くことができ、久々に Android アプリを作りたくなりました。
(freee は副業 OK だし、せっかくの機会なのでやってみようかな)

また、スポンサーとしてブースに立つことで、たくさんのエンジニアさんや企業さんと関わりを持つことができ良い経験だったなと思います。

私同様 Android アプリを作りたくなったそこのあなた

freee ではモバイルエンジニアを募集中です。
弊社ではエンジニア向けカンファレンスに精力的にスポンサーとして参加しており、それらの有料のカンファレンスには業務の一環としてタダで参加することができます。

ご興味がある方は是非一度弊社に遊びにいらしてください!

www.wantedly.com jobs.freee.co.jp 01intern.com