「会社に着いたら自動で出勤!?」 Android版人事労務freeeの新機能開発の裏側

人事労務freeeを使う事でペーパーレスの実現とともに効率化出来る図。手作業で必須だった転記などの作業がなくなります。
この図の勤怠の記録の部分の話をしました

Android エンジニアの「yaya」です。
2月16日(火)にて、『freee Tech Night Online #8 「会社に着いたら自動で出勤!?」開発の裏側』を開催しました。

freee Tech Nightは、freee主催のエンジニア向け技術イベントです。

今回は、AndroidエンジニアとQAエンジニアが登壇。 人事労務freeeのAndroidアプリにおいて、位置情報を活用した出退勤の打刻機能を実装しました。そのプロジェクトでの、通常のアプリ開発では味わえない面白いエピソードや苦労話を語ってくれました。

YouTubeでライブ配信をしている登壇者たち
YouTubeでライブ配信をしている登壇者たち

  • yaya:Androidエンジニア:写真右上
    • 2020年4月新卒入社。会計freeeと人事労務freeeのAndroidアプリを開発しています。ミュージカルと旅行が大好き
  • masaki (@mishizuka99):QAエンジニア:写真左上
    • 2014年2月入社。QA(品質管理)としてモバイル・スマート受発注・グロースチームを担当しています。手動テストから自動化まで幅広くやっています。
  • ラジオパーソナリティ:のぶじゃす (@noblejasper):写真右下
    • mixi、ソーシャルゲーム企業でソフトウェアエンジニアを経験し2017年freee入社。入社後はエンジニア→エンジニア採用担当→エンジニアとDevBrandingを担当。しゃべりたがり。声が大きい

どうして、コロナ禍で「出退勤」機能をリリースしたの?

-「自動出退勤」はどのような機能なのでしょうか?

yaya:人事労務freeeのAndroid版に今年の1月に実装された機能です。勤務先を登録しておけば、出勤と退勤の時間が自動で打刻されるものです。

▶自動打刻の新機能はこちら
www.freee.co.jp

masaki :従業員にとってはわざわざ手動で打刻する手間が省けます。労務の管理者にとっても、打刻漏れやミスが無くなるので管理が効率化されるメリットがあります。

-でも、コロナ禍のリモートワーク全盛の中で、よく出しましたよね。。。

yayaが聞きづらい事を聞かれて苦笑いしています
yayaが聞きづらい事を聞かれて苦笑いしています

yaya:そうなんですよ(笑)。この2月時点では緊急事態宣言下になりますが、一定数の人は出勤していらっしゃいますので、意味はあると思っています!

yaya:あとは、コロナ後の投資の意味合いもありますね。いまリリースしておくことで、コロナが明けたときには、ある程度改善を重ねた状態で使えますので。

-開発の期間はどれくらいでしたか?

yaya:半年くらい掛けて開発しました。位置情報を活用するサービスは、僕としてはほぼ初めてでしたので、順調に行ったとは言いがたいですね。。

masaki:実際に動かしてみてから分かる部分も多かったので。プロトタイプを作ってからの改善の期間の方が長かったです。QAからもたくさんフィードバックしました。

テストでは「不審者」にならないように気をつけました

masakiさんが難しそうな顔をしていますが当日は楽しく話しました
masakiさんが難しそうな顔をしていますが当日は楽しく話しました

-具体的に難しかったことを教えてください。

yaya:勤務地に近づいたことを遅延なく検知することが難しいんですよ。プログラムでリクエストしたタイミングの位置情報を取得するのではないので。あとは、お昼休みで外出するときに打刻されないようにするとか(笑)。その辺りは、アプリの仕様の段階から詰めていきましたね。

masaki:QAとしては、屋外でのテストは初めてでしたので戸惑いましたね。そもそもやっていいのか、法務や労務など勤務的に問題ないかを確認することから始めました。QAチーム6人がそれぞれ端末を持って街をウロチョロしていたのですが、不審者に思われないように気をつけました(笑)。特定のエリアを出たり入ったりしていたので、周りから見ると怪しいじゃないですか。

「山」は、勤務先に設定できるのか?

-それは大変でしたね。。。なかなかそんなテストはしませんもんね。

yaya:あとは、Androidは端末によって挙動が異なるケースが多いので、その修正が大変でした。ただ修正するだけではダメで、実際にもう1回、街に出てテストをしてもらわなくちゃいけないんですよ。今はリモート勤務も多いので、テストに協力してくれる方に、うまく動かない端末を郵送してもらったりしていました。

masaki:そうなんですよ。さらに細かい部分の検証も必要で、「山」を会社に設定できるのか、とか、いろんなメーカーの端末でバッテリーの減り具合を検証したりとか。位置情報を扱う開発者の皆さんの気持ちが分かりました(笑)。ここまで大変なことをやってるんだ。。と。

-リリースから約1ヶ月。どれくらいのユーザーに使っていただいていますか?

yaya:まだリリースしたばかりですから、これからに期待しています(笑)。

のぶじゃす:人事労務freeeを使っていただいている管理者のみなさま、ぜひ、設定をONにしてください。とても便利ですよ!!

▶freee Tech Night 次回は3月23日に

「freee Tech Night Online #9 確定申告を乗り越えるDBパフォーマンス改善」を開催!

freee Tech Night Online #9 確定申告を乗り越えるDBパフォーマンス改善のロゴ画像
多くのエンジニアが頭を悩ませるDBパフォーマンスの話をします

freee-tech-night.connpass.com

▶今回のイベントのアーカイブ(録画)

youtu.be